top_image
1999年の春、海岸通の古いビルに物作りをする為のアトリエとして1部屋借りることにした。そのアトリエのいつもの席の窓越しには黄色の壁のへんてこな一軒家があった。気にもとめていなかったのに、ある日からその場所で店ができたらいいなと思うようになり余裕もなく不安もあったが神戸の中でも一番神戸らしい海岸通でやっていく意味を強く感じて、ある覚悟の下、その場所に店を開いた。思えば12年。今いつもの席の窓越しには『ハオス』が見える。hausのコンセプトは「海外からみた日本」。1階にはワードローブ、2階にはダイニングルームのある2階建ての家にした。こんな小さなhaus(家)でもこれまでたくさんのかけがえのない良い出会いがあった。これからも良い出会いがあるように、またこれまで出会った人達のもうひとつの家(haus)である事を願っています。1999年の春、海岸通の古いビルに物作りをする為のアトリエとして1部屋借りることにした。そのアトリエのいつもの席の窓越しには黄色の壁のへんてこな一軒家があった。気にもとめていなかったのに、ある日からその場所で店ができたらいいなと思うようになり余裕もなく不安もあったが神戸の中でも一番神戸らしい海岸通でやっていく意味を強く感じて、ある覚悟の下、その場所に店を開いた。思えば12年。今いつもの席の窓越しには『ハオス』が見える。hausのコンセプトは「海外からみた日本」。1階にはワードローブ、2階にはダイニングルームのある2階建ての家にした。こんな小さなhaus(家)でもこれまでたくさんのかけがえのない良い出会いがあった。これからも良い出会いがあるように、またこれまで出会った人達のもうひとつの家(haus)である事を願っています。